September 27, 2016

Follow-up on My Home-Made Ume Syrup and Ume Jam/自家製梅シロップと梅ジャムの続き

Here's the last bottle of my home-made ume syrup. I'm sure it will be empty in a few days.
自家製梅シロップの最後のボトルです。数日でなくなると思います。
All my family love it!
家族みんな大好きです。

The home-made ume jam is not liked as much as the ume syrup, partly because of its slight bitterness. We still have four 1,800 ml Tupperware container.
自家製のジャムは梅シロップほどは好まれてません。ちょっと苦いせいもあって。1,800 mlのタッパー容器がまだ4つもあります。
I have decided to consume it on a daily basis, one spoonful a day. This will surely keep me healthy!
毎日、一日スプーン一杯食べることにしました。それで健康でいられるはずです! 


September 23, 2016

Ways to Store Fresh Enoki/新鮮なエノキの保存方法




Yesterday, I got three clusters of enoki mushrooms from the friend of mine who runs an enoki factory.
昨日は、エノキ工場を経営するお友達からエノキを3つもらいました。


Probably the very best way to consume them is to have them all as part of last night's supper while they were still fresh, but unfortunately, my wife had already made the soup for the supper.
So, I decided to store them all.
この新鮮なエノキを消費する最善の方法は、まだ新鮮なうちに昨晩の夕飯に全部食べてしまうことでしょうが、あいにく、妻がすでに夕飯の汁を作った後でした。
というわけで、全部保存することにしました。 
CAUTION: DO NOT RINSE CULTURED MUSHROOMS WITH WATER. YOU DON'T HAVE TO.
注意: 栽培されたキノコは水洗いしないでください。水洗いする必要はありません。


Cut the enoki to the desired lengths.
えのきを好きな長さに切ります。 
Put it in an I-Wrap bag and store in the freezer, not the fridge.
アイラップに入れて、冷蔵庫ではなく、冷凍庫にしまいます。 
What to do with the rest near the bottom? I decided to dry it.
底部に近い残りはどうするか?干すことにしました。 
Left: Portions to be dried.
Right: Portions to be composted (I mean, to be simply tossed on the ground)
左:干す部分
右:堆肥にする(というか、ただ地面に捨てる)部分  
 
I later broke them into smaller pieces to accelerate the drying.
乾燥を速めるため、小さく割きました。
I'm going to use the dried pieces like "hoshi kaibashira" (dried adductor muscels of scallops).
干したら、干し貝柱のように使うつもりです。

September 20, 2016

Tamago Take, etc./タマゴタケなど

On September 16, my son returned home. We went on a mushroom hunt yesterday, although rain was expected all day.
9月16日、息子が帰って来ました。昨日は一日中、雨の予報でしたが、キノコ狩りに行ってきました。

Luckily, we were able to find lots of tamago take (Amanita hemibapha).
Tamago = Egg
Take = Suffix meaning mushroom
運よく、タマゴタケがいっぱい見つかりました。
 
Some were too old to eat,
老菌(ろうきん)で食べれないのもあり、


while some were too young.
幼菌(ようきん)もありました。

Young one cut in half
半分に切った幼菌




I thought this was a young tamago take, but
これはタマゴタケの幼菌だと思いましたが、

my son warned me that it was a fly agaric (or amanita) (Amanita muscaria). We found an adult fly agaric nearby. This mushroom is POISONOUS.
息子が言うには、ベニテングタケだそうです。近くにべニテングタケの成菌(せいきん)がありました。このキノコは毒キノコです。

This particular one was orangish rather than red.
このベニテングタケは、赤というよりオレンジ色ぽいです。

Tamago take is one of the few in the amanita family that are edible.
タマゴタケは、テングタケ科の中で数少ない、食べれるキノコの一つです。

***
The following photos are for my son. Some of them were taken by him.
Photos only, with no explanations
下記の写真は息子用です。一部、息子が撮った写真もあります。
写真だけで、説明はありません。
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 


 
 
 
 


 

 
 
 

 
 


September 14, 2016

Figs Simmered with Sugar/いちじくの砂糖煮

Yesterday, I received about 30 figs from my father. I checked them all and separated matured ones from overly matured ones, and put them in separate Tupperware containers.
Top: Overly matured ones
Bottom: Matured ones
昨日は、父から無花果(いちじく、イチジク)を30個ほどもらいました。全てチェックして、熟したのと、熟し過ぎなのを分けて、別々のタッパー容器に入れました。
上: 熟し過ぎのイチジク
下: 熟したイチジク
I added about 15-20% sugar to each container, and microwaved the containers for a total of 9 and 12 minutes, respectively.
それぞれの容器に砂糖を15~20%程度入れ、それぞれ、合計9、12分、電子レンジで加熱しました。
 
Overly matured ones:
熟し過ぎたいちじく:
Matured ones:
熟したいちじく:

Follow-up on My Low-Salt Umeboshi/低塩梅干しの続き

This is the last bag of my low-salt umeboshi, which I had kept in the freezer. I thawed them in the fridge, added 10% sugar, instead of 20%, and put them back in the fridge. They now look like this.
私が作った低塩梅干しが入った最後の袋です。冷凍庫に入れてありました。冷蔵庫で解凍し、砂糖を10%(20%ではなく)入れ、冷蔵庫に戻しました。こんな感じになりました。
 
I have found that 20% sugar is just too much, making the umeboshi wrinkled up, so I have decided to add only 10%. The resultant umeboshi are plumper and less sweet, and therefore, much more suitable as an accompaniment to hot plain rice.
2割の砂糖は多過ぎで、梅干しがしわくちゃだらけになってしまうことが分かっています。そこで、1割しか入れないことに決めています。できた梅干しはふっくらしていて、甘さも控えめで、温かいご飯のお供により適しています。

I hope I can present an improved version of my low-salt umeboshi in the next ume season.
次の梅の季節には、低塩梅干しの改良版をお見せできればと思っています。

September 9, 2016

Home-Made Kyoho Jelly/自家製の巨峰ゼリー

Just wanted to share photos of the home-made kyoho jelly that my wife made for our daughter for her birthday. Kyoho is a variety of grape very popular in Japan, an it's often called the King of Grapes.
妻が娘の誕生日に作った自家製の巨峰ゼリーの写真をちょっとお見せします。巨峰とは日本ではとても人気のあるブドウの品種で、ブドウの王様とよく言われます。
 
The Kyoho grapes used were seedless ones, given to us by my father.
The jelly was, without doubt, the most delicious jelly I have ever had. My wife told me about the secret ingredient. She said it was a "collaboration". "What?! Collaboration?," I asked. She explained that the jelly contained the ume syrup that I had made.
(Disregard the container, which has nothing to do with the home-made jelly. She used the container to make the jelly look more delicious.)
使った巨峰は、父からもらった種無しの巨峰です。
ジェリーは、今まで食べた中で一番美味しかったです。妻は隠し味について話してくれました。「コラボ」だそうです。「何?コラボって?」って尋ねると、ゼリーには私が作った梅シロップが入っているとのことです。
(容器は、自家製のゼリーとは何の関係もないので、無視してください。ゼリーがより美味しく見えるようにこの容器を使ったそうです。)